ホテルプロフィール

地域に密着し、地域社会とともに歩む

ホテルプラザ勝川はJR中央線勝川駅前再開発事業の一環として、1999年9月に誕生しました。開業以来、春日井市の西の玄関口、勝川のランドマークとして、今まで培ってきた地元の皆様との信頼を更に深め、春日井市民をはじめとして、すべてのお客様から愛されるホテルを目指しています。

ホテルプラザ勝川の経営理念

輝く、高品質なホテルをつくること

私たちは会社のビジョンを、“輝く、高品質なホテルをつくること”と定め、
その実現に向けて、以下の3つを行動指針にしています。

1

やすらぎの提供<安心・安全>

わたしたちは、お客様の安全・安心を第一に考え、
居心地の良い空間をご提供します

2

おもてなしの追求<顧客満足の向上>

わたしたちは、創意工夫をこらし、お客様の立場になり、
要望に誠心誠意お応えし、顧客満足の向上を追求します

3

きずなの尊重<お客様・地域社会・従業員>

わたしたちは、お客様・地域社会・従業員
それぞれの絆を重んじるとともに、信頼を深めます

この言葉は2014年9月のホテル開業15周年の際に毎日お客様と接する、第一線で活躍中の若手社員がプロジェクトチーム(ホスピタリティ委員)を作り、サービス向上のための行動指針を半年間かけて討論を重ね、このような3つの柱として示しました。スタッフ一丸となってお客様の立場に立ったに優れたサービスや価値を提供し、また、より良い会社づくりと自分づくりを目指し、意識や技術の向上を図って参ります。

今後のホテルプラザ勝川について

2018年~2022年の5年間においては、中期経営計画が策定されております。これまで同様、確実な利益を出せる体質に加え、前述の経営理念をベースに、ホテルプラザ勝川が持つ最大の経営資源である「人」への投資を最重要視し、中長期的に人が成長する環境づくりを目指し、全社で取り組みます。
次年度は開業20周年と、一つの節目を迎える「ホテルプラザ勝川」。お客様に愛される素晴らしいホテルを目指し、私たちと一緒にあなたらしく、働きませんか。